BBAの色々
 05, 2019 10:28

肌あれと戦う! - 日焼け止めの巻

昨年末から繰り返す肌あれ、湿疹。
よくなったり悪くなったり。
「酒さみたい」とは思っているものの、医者に言われたわけじゃない。
診てもらってもスキンケアの基本とワセリン処方なので、現在自分で肌あれ対策を試行錯誤中だ。

シャンプー、猫の毛、化粧品、外からの刺激系のものをひとつづつ確認してきた。
現在の課題は日焼け止めとBBクリームだ。
外出時化粧には、[日焼け止め→ BBクリーム→ ちょっと眉毛かく] 以上の自分。この2つで肌につけるものは全改善となる。

まず日焼け止め。
ずーっと使っているののが「ビオレUVアクアリッチ」。
どこでもみる商品。特に問題なく使ってきたのだけれど、日焼け止めをつけるとブツブツが多く出ている感がある。他要因の可能性はあるので、なんとも言えないけど。とにかく肌につけるものだし調べてみるかと、昨日は朝からGoogle先生のお世話になっていた。

日焼け止めの成分は大きく2つあり、
1 紫外線吸収剤 : 紫外線を皮膚に入れないようにする
2 紫外線散乱剤 : 紫外線を反射する

この1の成分の主なものは⇒[メトキシケイヒ酸エチルへキシル、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン ] などなど。ぐぐると「ホルモン異常・アレルギー・皮膚ガン」などなど引き起こす可能性が示唆されており。コイツラの含有量に規制が望まれるとか、結構前に東京都健康安全研究センターの調査とまとめでも言っていたよ。
今まで使ってたんで別に ケミカル反対!みたいには言わないけれど、現状荒れちゃったもんねえ~。健やかに過ごしたいから1タイプにサヨナラすることにした。バイバイ、ピオレUVアクアリッチ、オマエはいいやつだったよ(T_T)

自ずと2 しか選択肢はなく、「紫外線散乱剤」系の日焼け止めを探すことにした。これ「ノンケミカル 日焼け止め」って色んなとこでかいてるけど、別に化学合成成分が無いわけじゃない。
2 紫外線散乱剤の主な成分は⇒[酸化チタン、酸化亜鉛、酸化セリウム]などだ。こっちはこっちで酸化しやすいとか、白うきとか、それ対策にナノ粒子にしたのは肌からその成分が浸透するとか、色々とある。

とりあえず、今のヤツの代わりを買わなくてはならない。
手作りとかも選択肢にでてきたけどそれは追々考えるとして、取り急ぎ必要なのだ、日焼け止め。
キーワードを、
 ・ノンケミカル
 ・非ナノ
 ・日焼け止め
として、今日はいざお店にGOGO!

( ゚д゚)ハッ!、お店まで日焼け止めどうしよう!?

COMMENT 0